光学レンズと水しぶき

フッ素コーティングは搬送器具や機材の防湿対策に有効

水滴

製造工程においては金属製スロープやローラー、ガイドなどが多数使用されています。これらの搬送器具や機材で問題となるのが滑らかさや防汚性、防錆性のほかに防湿性があります。鏡面加工が施されツルツルと滑る表面に結露による水滴が付着しただけで作業性が悪くなってしまいます。そこでおすすめなのが防湿性のあるフッ素コーティングを塗布することです。
フッ素コーティングは金属表面に保護コート層を形成し、低摩擦性や撥水防汚性、防錆性と防湿性を有しています。結露が発生した際でも水分をはじき、完全乾燥も早くなります。また撥水性によりふき取りも容易になります。また、フッ素コーティングは水溶性、フッ素化合物自体は人体に対する影響も非常に少なく、食品加工ラインでも手軽に使用することができます。食品加工の際には、水蒸気による結露も生じやすく、食品カスが停滞し異物になってしまうこともフッ素コーティングにより解消することができます。そのほかにも、フッ素コーティングはスプレーで簡単に塗布でき、完全乾燥するとすぐに使用することができます。日々のメンテナンスで重ね塗りすることで被膜が強固になるだけでなく、塗布済みに箇所との馴染みも良いため、性能にムラも生じません。ハンドスプレーで簡単に塗布できるため、設備を止めて終業する際に塗布すれば翌日早くから稼働しても湿気に悩まされることもありません。

木材や紙素材などの防湿効果アップにフッ素コーティングを利用しよう

木材や紙素材は様々な材料として用いられるものの水濡れや湿気に弱いという問題があります。これらの素材は住宅建材に使用され、防湿効果を高めるために地面からの湿気をシャットアウトしたり、外壁材と内壁材の間に遮水シートを入れるなどの防湿対策を行います。しかし、素材自体の防湿対策にならず、湿気により木材や紙素材が腐食してしまいます。そこでおすすめなのがフッ素コーティングの施工です。
フッ素コーティングは金属だけでなく木材や紙素材、プラスチック素材など幅広く対応しています。木材や紙素材のように可燃性があるものでも、塗布後に燃えやすくなるといった心配がありません。また、水溶性でスプレー塗布のものが主流となっており、施工自体も手軽の行うことができ、建築現場でも防湿効果を高めることができます。さらに、有機溶剤を使用しないため、残留物質による健康障害のリスクも低く安心して使用することができます。フッ素コーティングなら低コストで防湿対策を施すことができるだけでなく、素材自体の透湿性も失われることもないため耐久性を高めることができます。そのほかに、建築途中で雨が降った際でも材料自体に雨が浸透することもないため、完成した建物の品質も高められます。水溶性で水道水でも希釈ができるフッ素コーティングで防湿対策を行いましょう。

フッ素コーティングで防湿すれば金属の錆び付きを防止できる

工業系の作業において金属の錆び付きは、できる限り防止する必要があります。金属が錆び付けば見た目を損なうのはもちろんのこと強度としても不安です。金属を錆び付かせないことが、品質を保つために心がけるべきことです。ではどのようにして金属の錆び付きを防止するのかですが、防湿できるフッ素コーティングが非常に有効的です。金属が錆び付いてしまう原因は湿気ですから、その湿気を防ぐことができれば錆びにくいのは言うまでもありません。つまり防湿をいかにできるかが、金属の錆び付きを防止するために重要なのです。
フッ素コーティングされて防湿効果を高めれば、湿気から金属を守れます。湿気の影響を受けにくくなりますので、すぐに錆びてしまうようなことはないはずです。それだけの効果が見込めるなら安心ですし、ぜひとも積極的に使用していくのが望ましいです。防湿ができるのとできないのとで大きな差が生じますから、防湿にしっかりと意識を向けて対策する必要があります。
金属の品質を高いレベルで保つことができれば、それだけ高品質な製品作りを実現できます。金属が錆び付いてしまってはそれもままならないですから、そうならないようにするためにフッ素コーティングが役立ちます。