光学レンズと水しぶき

皮革製品の防湿と防水対策として役立つフッ素コーティング

意外と身近に当たり前のように存在するものが、製品に与えるダメージの原因になる場合があります。その良い例が水分で、水で品質や性能が低下する製品は枚挙にいとまがありません。その典型的なものの一つが皮革製品です。レザー製品はブーツやバッグ、コートなど実に様々ですが、いずれも水や湿気によってカビやすい、変色しやすいという弱点があります。これをカバーしてくれているのがフッ素コーティングです。皮革の生地に対してフッ素コーティング加工を施すと、そこにフッ素樹脂の膜が出来ます。この膜が水分を通過させない特徴を持つため、結果的に皮革製品に水が接触するのをブロックすることになります。フッ素樹脂の膜は、サイズの大きな水滴だけではなく、湿気レベルの水分も弾くことができるため、防水に加え、防湿対策も同時にできます。皮革アイテムに水は厳禁で、この点に注意する人は多いですが、防湿は意外と失念されているケースがよくあります。クローゼットや靴箱の中は湿度が高いことが多く、雨の日に外出などしなくても、室内で保管している間にカビが生じることもあります。フッ素コーティング加工済であれば、防湿対策も出来ているため、保管中も基本的には安心でしょう。