光学レンズと水しぶき

建築現場の木材を防湿するならフッ素コーティングが有効的

さまざまな建築現場の木材は、雨及び泥などの汚れをしっかり防止しないといけません。なぜなら雨及び泥などの汚れが付いてしまったら、木材として使えなくなってしまうかもしれないからです。建築現場の木材は貴重ですし、余計なコストをかけないためにも木材の撥水には十分力を入れる必要があります。そこで着目すべきなのが、撥水効果が高い防湿のフッ素コーティングです。
建築現場での保管状況にもよりますが、木材を雨及び泥などの汚れから完全に隔離することが難しい場合もあります。どの建築現場でも屋根付きの立派な保管倉庫があるとは限りませんので、雨及び泥などの汚れをどうしても受けてしまう場合もあります。ですがそんな状況を事前に想定して防湿効果が高いフッ素コーティングをしておけば、建築現場の木材は雨及び泥などの汚れの影響を受けにくくなります。被害を最小限に抑えられれば、木材が使えなくなってしまうようなことにはなりません。
木材にとって湿気は大敵ですし、湿度が高くなりやすくて雨の日が多い梅雨の時期などは特に注意が必要です。湿度が高くなりやすいなら防湿効果を高めて撥水させるのがベストです。建築現場の木材を湿気から守るのにフッ素コーティングは有効的です。